FC2ブログ
| main |
2013.04.12 Fri

フォーレ『夢のあとに』

先月はお洋服展の準備、といういいわけでレッスンをお休みしてまして、先週久しぶりにレッスンに行きました。

長いこと持ってる フォーレの『夢のあとに』 ず~っと弾きたくて、いつか『夢のあとに』をと思ってたら、案外、早く、レパートリー集3にいきなり出て来たんです。
先生も、“なんでこんな難しい曲が入ってるんでしょね”って言うぐらい・・・

いつから練習始めたかな。。。
家で練習ができなくて、レッスン前にちょこっと弾く程度なので、全然上達するわけもなく、難しい曲なのに練習せずして上手くなるわけない。

けど、まぁ。長いことあたためてると、なんとなく弾けてくるものです。いや、まだまだですが・・・

先週と今週続けて弾いたのでなんとなく掴めて来たような気がする、気がするだけですけど。

また来週もお休みする予定なので、次のレッスンが来月になる・・・となるとまた1から振り出しに戻る・・・なのであります。

ちなみに、藤原真理さんが弾くとこんな素晴らしいんです。


フォーレ 『夢のあとに』

ず~っとこの曲しててもいいぐらいなんです。
けど、一応合格できるように、次回頑張ります。。。
続きを読む
Category: cello lesson♪ Comments (0) Trackbacks (0)
2013.02.23 Sat

弓・・・

昨日はチェロの個人レッスンでした。

レッスン前にちょこっとだけ練習室をお借りできたので、必死でこそ練

前回は、先生のカーボンチェロをお借りして弾いたことを記事にしたのですが、今日は、なんと、なんと、なんと、120万円の弓をお借りして弾きました

先生が、新しい弓を買いたいなって言ったら、超高級“弓”をたくさん用意してくれたそうで、今日のレッスンは私たちも試奏させていただけることになったのです。

せっかくなので一番高い120万円のを使わせていただきました。
これはフランスの現代の職人さんが作ったそうです。
フランスの200年とか前の職人さんが作ったのだったら、200万円とかもっと高いのもあるそうです
私もチェロを買う時、弓がこんなに高いものだと(ま、ピンキリですが)初めて知ったんです。

さて、120万円の弓・・・違いを味わう以前にちゃんと曲弾けてないから、わからんって、最悪でもったいな過ぎる状態だったのですが・・・

でも、滑らかなのは確か、でした。
音も滑らかなような気がします。
弾くのがとっても柔らかく滑らか。

先生は“120万円のは、イマイチ気に入らない”と、おっしゃっていました。というのも、先生は二胡や馬頭琴、フィドル(バイオリン)と、いろんな外国の楽器とコラボしてライブをしたりするので、この柔らかさでは合わないのかも。

先生も、柔らかい滑らかだ、と、一応私も同じように感じたのでした。弾けないなりに(笑)


これです。
先生も撮影に協力してくださいました(陰でチェロと弓持ってくれてはります、笑)
120万円弓
この弓達、全部合わせたら、高級外車買えるやん。。。 って価格です。
白い紙にはそれぞれのお値段書いています。
高級弓達

続きを読む
Category: cello lesson♪ Comments (0) Trackbacks (0)
2013.02.21 Thu

新譜『ボレロ』

今日は月に一度のストリングスアンサンブルでした
結局全然練習できないまま1ヶ月が過ぎ・・・サボるともっとチェロ触らないままになるので、行く。

先月から本格的に始まった『You Raise Me Up』の練習。

転調後♭5つになるって、先月書きました。

転調するところまでは、結構弾けて(人がどう言おうと)今日はアンサンブルの心地よさ久しぶりに味わえた

転調してからは必死で譜面追ってましたけど・・・また来月頑張ります。

そして、今日、新譜いただきました。
先生はこれを夏の発表会にしたい、と。『You Raise Me Up』ともう1曲、と思ってたのだけど、決定じゃないらしい。

有名な、ラヴェルの『ボレロ』です。
単調なジャ・ジャジャジャ・ジャ・ジャジャジャ・ジャジャ・ジャ・ジャジャジャ・ジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャ ってヤツです。

先生が 
“ま、水戸黄門のようにひたすらジャ・ジャジャジャ・ジャジャって弾いてください”って
もう、アカンて、先生
先生、いつも普通の顔して、私の笑いのツボのスイッチを入れはる

先生がお手本でバイオリンをジャッジャジャジャジャジャジャッジャって、弾いてはるけど、もう私は笑い止まず・・・困る、先生、アカンて(笑)

ボレロ③
3ページ目、ほとんど、これ
ボレロ

ほんとはかなり長い曲なんだけど、
  『ボレロ』 
これを盛り上がってくるところあたりから、最後までの譜面に先生が編曲されました。

ラスト、こんなにカッコよく決まったら、気持ちいいやろなぁ~

明日は個人レッスン。
月に3回あるんだけど、今月も、いろいろあって、明日1回しか行けず。。。
参加することに意義がある

がんばります。

続きを読む
Category: cello lesson♪ Comments (2) Trackbacks (0)
2013.01.25 Fri

カーボンチェロ体験♪

今日もチェロのレッスンでした。今日は個人レッスンの日です。
連日レッスン、というと、すっごい練習してすっごい上手のように聞こえますが、行って先生の前で弾くだけなので、全然上達せず

今日も久しぶりのレッスンでした。

レッスン室に入ると、先生のチェロがいつものと違っていました。

黒~くピッカピカに光ってて、地模様も入ってる。
一見エレキギター。

“先生、このチェロ何なんですか?”
聞くと、カーボンチェロ、と言うのだそうです。
かなり遅れてます
最近ではヨー・ヨー・マも使ったりしてるそうですよ。

かっこいいイケメン2人のチェリスト“2cellos”が使いだしてメジャーになったそうです。
“2cellos”
2cellosもそんなに興味なくてちゃんと聴いたことなかったんです。

先生は、ライブもあって、このカーボンチェロは大きな音が出て、少々叩いても大丈夫らしく、叩いてリズムを取ったりするそうです。

先生が“今日のレッスンこれでしますか?”って。
せっかくなので、先生のカーボンチェロお借りしてレッスンしました。

ビンビン大きな音が出るので、下手っぴぃにとっては下手っぴぃな音が大きくなるので、
“下手下手~”って、どんどん凹んでくる(笑)

弓もカーボンなんです。
チェロは、意外に重い。

かっこいい私の先生。(ピンボケですが・・・)
カーボンチェロ
カーボンチェロ②

続きを読む
Category: cello lesson♪ Comments (0) Trackbacks (0)
2013.01.24 Thu

『You raise Me Up』

今日は、月に一度のストリングスアンサンブルの日でした。

月に一度しかないのに、イベントと重なったりして行けないこともあります。
特に年末は、せっかく練習してきたのに、一昨年は『ホワイトクリスマス』昨年は『喜びの歌(第九)』と最終日を欠席してしまって、アンサンブルできなかったんです
しょうがない・・・


今日は、夏の発表会に向けて、まず1曲目が決まり、練習が始まりました。
『you raise Me Up』荒川静香さんがトリノオリンピックで金メダルを獲得した時のexhibitionに使われた曲です。
You tube からもらってきました。和訳付きです、よかったらどうぞ 『you raise Me Up』
昨年の発表会で『ハンガリー舞曲』ともう一曲をどれにするか、と言う時にも候補にあがった曲です。
投票の結果、昨年は、『アンダンテカンタービレ』になりました。

偉そうに、こうして話していますが、全然練習してなくって・・・後半、転調して“♭”5つも付くことを見ないフリしてました

普段から“♯”がつく曲は結構練習してて慣れてるのですが、“♭”がつくとどうも苦手でその上、5つも付いてるんです。
いわゆるファとドの音以外“♭”がついてるんです。
それやったら、ファとドに“♯”つけてもそんなに変わらんのに・・・けど、その半音が微妙にニュアンスが違うのか、先生は♯2つに妥協したくないようです。

今日は、むっちゃ上手なリーダーさんが風邪でお休みでした。いっつもリーダーさんの影に隠れて、こっそり弾いてるのに、えらいことです
次に上手なおじちゃんも遅れて来られて、下手っぴぃの私とおじいちゃん2人で、もうそれはほんまにえらいことでした。

でも、バイオリンの人々も全然できてない、ってことで、珍しくパート練習させてくれることになり、遅れて来た次に上手なおじちゃんも来られて、練習しました。

30分ほどでしたが、このお陰でサラッとざっくりですが、弾いて、なんとか♭5つになるところまではできた(気がする)

初回合奏ってことで、バイオリンの人々も、全然みたいで、先生
“初回、これで、夏に間に合うのか?って散々やったことは過去に何度も経験してきてるので、このバラバラで散々なえらいことも想定内です!”って(笑)

昨年の『ハンガリー舞曲』もたいがいえらいことでしたので

とにかく、ちょっとでも練習頑張ります
『喜びの歌』と『You raise Me Up』の譜面
you raise me up
“♭”5つ
お気付きでしょうが・・チェロはヘ音記号なんです
♭5つ

続きを読む
Category: cello lesson♪ Comments (0) Trackbacks (0)