FC2ブログ
| main |
2012.07.03 Tue

『ベルリンフィル12人のチェリストたち』in サントリーホール

7月1日、初めて1人でサントリーホールへ行ってきました。

日経新聞で『ベルリンフィル12人のチェリストたち』っというタイトルを見つけて誰かを誘うことを考える前に1人で行こう!と即チケットをゲット。

お昼からの公演なので日帰り可能なんだけど、今回は思い切ってお泊まりしました。」

関空早朝便なので羽田でモーニング。
DEAN & DELUCA 、バナナがサービスで付いてくる
            空港モーニング

14時開演なので、その前に一応仕入れに日暮里まで足を伸ばす。日曜日なので、開いてるお店が少ないのを覚悟で行ったけど、いつも開いてるお店まで閉まっててがっかり・・

早めに六本木へ移動。
六本木エリアの美術館巡りでもしようかと思ったけど中途半端な時間なので、早めにサントリーホール周辺でランチ。
スペイン坂、サントリーホールすぐ近く、撮ってみました(笑)
IMG_3112.jpg

軽く、と思ったのに、こんなボリューミーなチキンが。。。がっつり食べる(笑)
            サントリーホールランチ②
カラヤン広場
IMG_3114.jpg
IMG_3115.jpg
IMG_3116.jpg
IMG_3117.jpg
開場とともに、ホール入口のからくり人形がパイプオルガンのような音楽を奏でる。
素敵すぎる
IMG_3122.jpg

さて、やっと本題

チェロだけ12本の演奏会、って、どんなにすごいのか、とてもとても楽しみにしていました。

1曲目、ジュゼッペ・ヴェルディ『聖歌四篇よりアヴェマリア』
“東北の震災の犠牲者の方々へ、ご冥福をお祈りして・・・”みたいなことを英語でトップのチェリストさんが話、始まった。

12本のチェロの美しい音色が奏でるアヴェマリアがいきなり涙腺をやられ、涙止まらない。
何なの、この音色の美しさ。
何本もチェロが同じ音を弾いてるのに小さく小さく、一本の音に聴こえたり。
カノンのように、次々隣へ音が送られて行く美しさ、何本かずつのユニゾンも圧巻です。

Ⅱ部はポップスもあり、ビートルズのミッシェル、グレン・ミラーのムーンライトセレナーデ、YOU TUBEでも観たキャラバン。
アンコールには聴きたかったピンクパンサーのテーマも。
ラストが『荒城の月』日本の曲も美しい。

Ⅱ部が始まろうとしたとき、客席がざわめき、お客様が次々起立して拍手しだした。
私もなんだかわからないけど起立して拍手して見ると、私と同じ側の壁の向こうにおじぎされた美智子様が見えた。壁があるので天皇陛下がいらっしゃるのが見えなかったけど、いきなりテンション急上昇。

アンコールも終わって、退場されるときにも皆起立して拍手でお送りした。
美智子様のおじぎする姿しか見えなかったのだけど、少しでもよかった、と思ってると、なんと、階段を上って来られて、私の真正面に天皇陛下と美智子様が!思わず、手を振られている天皇陛下につられて、高校生みたいに両手を振ってしまった
友達が“世が世なら打ち首やで”って、確かに・・・

パンフレットを見ると、天皇陛下御即位のときに、大統領が音の贈り物として、12人を贈ったのだそうです。

また来年も絶対聴きに来る!
続きを読む
スポンサーサイト



Category: 観てきました♪聴いてきました♪ Comments (0) Trackbacks (0)