fc2ブログ
Welcome to my blog

曽爾高原へ ホタルを見に

春に、お話させていただいた、息子が移り住む曽爾村へ行ってきました。

私一人では運転無理だし、まごまごたちにホタルを見せたくて、まごまごファミリーを誘って、車に乗せて行ってもらいました。

1時間半ぐらいで着く、というので、のんびり出発。
途中道の駅でお野菜買ったりして。

息子は農大に勉強に行ってるらしく、夕方しか戻らない、というので、それまでみんなで曽爾村散策。

まごまごパパちゃんもまごまごも、私も超晴れ男と晴れ女。そして、息子が最強の晴れ男、なので晴れると思ってたけど、残念ながら、雨模様。
でも大雨には遭わず、傘も使わずに済んだ。

お昼過ぎに着いたので、食いしん坊ファミリーまずはお昼ご飯。
曽爾高原唯一?なレストランでランチ。
お食事のあと、霧雨のような中、曽爾高原へ。
曽爾高原は、ススキで有名なんだそうです。それで村おこしになったとか。

きっと秋にはここ一面ススキになるんでしょね。

このお天気ゆえに、ほんとにうちのファミリーだけ、貸し切りで高原を満喫。
鳥の声がず~っとBGMで聴こえる。
あ、カエルも負けずにゲコゲコ。

まごまご2号が、またつぶやく
“鳥さんはどこ?”
ず~っとひとりつぶやいてた

“鳥さん、どこ?どこで鳴いてる?”

マイナスイオン、めいっぱい浴びる。
ここなら、どんどん歩ける。
おちびちゃんがいるから、頂上まで行かなかったけど、ここなら頂上まで行けたかもしれない。
あ、でも、太陽が出てたら無理だったかな。。。(笑)

20160614215534f09.jpg

20160614215558a9c.jpg

201606142156220c5.jpg

20160614215651296.jpg

20160614215720e8e.jpg

20160614215740840.jpg

鳥の声、カエルの声、動画を載せられたら。。。

お天気が良くてもって暑かったら川遊びもできたなぁ~

まごまご2号、どろんこになり、そのままお亀の湯へ。
このお亀の湯も有名なんだそうです。

お肌ツルンツルンになりました。
201606142157573e1.jpg

息子が戻ってくる時間になり、息子の住む家を探す。
ものすごい坂道をあがったところにあった。

結構大きなおうちにひとりで住んでる、あのビビりな子が(笑)
きっと夜も静かで早いだろし。

“怖くないん?”

“怖い。地震が怖い”って(笑)

夕飯を焼肉とかするのかと思ったら、まごまごママちゃんが段取りして、買ってきてくれて、作ってくれた。
暇を持て余し、まごまごと息子と息子のちょこっと植えた野菜を見に行く

可愛い3人(笑)
2016061421581853f.jpg

おうちに戻ってからはまごまごが女子高生みたいに息子のスマホを借りて
“一緒に写真撮ろう~♪”
って自撮りしまくり(笑)
息子もまごまごには目がなく甘く優しい。
可愛い3人(笑)
20160614215838600.jpg

みんなで夕飯。
“1時間かけて作ったご飯も15分で食べてしまう”って、息子が嘆く。作り手の気持ち、ちょっとわかったようです。私よりちゃんと作ってるみたいだけど(^-^;(笑)

そのあと、今回のメイン、ホタルを見に。

真っ暗、ほんとに真っ暗な中、車でホタルがいるところへ。

車から降りて少し歩く。真っ暗な中、川の音がまた心に染み入る。
心地いい。

そのうち、ポッポッと、ホタルの光が✨

スマで動画を撮ろう!と電源入れてその明るさにびっくりする。
明るすぎる。。。
ホタルが出てくるには条件悪いかも、って言われてたけど、結構たくさん出てきた❗

週末はホタルまつりだったそうですが、あまりにたくさんの人が来てホタルはビックリしてあまり見れなかったようです。
ホタルの動画も撮ったから載せられたら。。。

まごまごたちはとっくに飽きちゃって、眠いし、はい、もういいから、って(笑)
大人がみんなもっと見たい。って、息子の穴場に連れて行ってもらう。息子も三脚持ってきて撮影してた。

真っ暗な川沿いに車を停めて、細い橋の上でホタルを待つ。
まごまごは早々に車にもどる。

しばらく、川の音とホタルと、息子と過ごした。

まだ始まったばかりだけど、いろんな経験を積んで、前に進んでるのが見えた。
3年間、どう過ごしていくんだろか。

そういう私も3年間、しっかり頑張らないと

次はお天気のいい日の夜に星を見に行こう!
スポンサーサイト



Comments 0